自分磨き

私の自分磨き

ひとつひとつを大切に

向上心を忘れない!好奇心旺盛であること!


向上心、好奇心、この気持ちによって人間は磨かれていくのではないかと思っています。

 

毎日仕事や生活に疲れ、時間に追われただただ同じ毎日をすごしている。そんな人は多いのではないでしょうか?
私はそうでした。なんとなく生きている気がして毎日つまらない、輝きが全くない。そう思っていました。

 

そんな時に、向上心が強く好奇心旺盛で何でも知りたがる、経験したがる今の旦那に出会いました。
第一印象は目がキラキラしているなぁ!友達や知り合いが多い人だなぁ!そう思いました。

 

仕事で関わることも多く、休みの日に何をしているの?という会話になりました。
私は、洗濯掃除、録画の取り溜めを一気に見る。たまに買い物。と言った所でした。
当時の旦那は、山登り、温泉しかも秘湯巡り、3連休あれば海外旅行、昔の田舎がどうなっているか見に行く、1日中読書や調べもの、資格の勉強…
もう沢山のコンテンツだらけでした。

 

とにかく好奇心旺盛で経験したことのないことを経験したい、難しそうな事に挑戦したいという向上心の塊の人でした。
私は旦那と初めて会い、内面を知ったときに、好奇心向上心が彼を輝かせているのだと実感しました。
そこから私も旦那と一緒に旅行、登山、資格の挑戦などを行い、以前よりもはるかに充実した毎日を過ごしました。

 

今でも私たち夫婦のモットーは、向上心と好奇心を忘れない!です!
自分を磨くためにも一生何かに挑戦し続けようと思います。

人の話をよく聞き知識として自分に取り入れる


水産物関係の卸問屋に勤務して11年になります。魚が好きなので自分なりに色々な知識を身に付け一人前になったつもりですが、産地の荷主さんや輸入商社の担当者の人や納品先の人と話をすると知らないことが沢山あります。たとえ自分が知っていることでも最後まで話を聞きます。判らないことがあれば必ず途中で聞きます。

 

こうすることによって色々な知識が身についてゆきます。魚の知識だけでなく、なぜ輸入されるようになったのかとか魚が持つ履歴書みたいなものまで身につきます。こうして身につけた知識は営業の仕事に役立ちます。商談や電話での問い合わせに話ができます。色んな話が出来ると営業の仕事は上手くいくものです。

 

聞き上手になることが自分を磨く為の得策だと判ったのは営業の仕事をやりだしてからです。それ以降はいろんな人と出会うたびに話をします。そして相手の話を聞きだします。自分より年上の人はもちろんですが、若い人からも教わることは多いのです。、また仕事関係でなくても人の話をよく聞くようにしています。そこには生活の知恵や、趣味の裏技など盛りだくさんです。

 

私の自分磨きは永遠に続くと思っています。

自分磨きの第一歩


「自分磨き」といったら何を思い浮かべますか?英語にフランス語、エステ、ダイエット、料理…。あげればいくらでも出てきますし、その人の価値観によっても違うでしょう。

 

見た目の美しさを「自分磨き」と表現する人もいれば、スキルアップを「自分磨き」と表現する人もいます。また、何のために”自分”を”磨く”のかによっても、内容が異なります。例えば、異性からモテたい、出世したい、昇給したいなどがあります。

 

しかし、すべてに共通するものとして「人間力」があります。人に認めてもらうため、自分を魅力的にするために”自分”を”磨く”のです。そうすればすべてがうまくいきます。

 

では、どうすれば、魅力的な人になるために”自分”を”磨ける”でしょうか。

 

まず、あこがれの人を想像しましょう。そして、その人の真似をすることから始めてみます。人は、会話力、笑顔、身なり、趣味、持っているスキルに惹きつけられるものです。心掛けが大切です。まずは、身なりを整えて笑顔で話し、話しを聞く。あらゆるものに興味を持つようにし、趣味を増やす。少しずつ成長できるようにでも努力することが、自分磨きの第一歩となります。

コンプレックスを取り除いてあげられるのは自分自身


自分磨きしています。
真夏までに10キロ落としてみます。
はきたいジーンズがありますが、ものすごくサイズが小さいので、体重を落とさないことにはタンスの肥やしとなってしまいます。

 

足のラインがはっきり出るスキニーを、完璧にはきこなしたいので、頑張っています。
時々辛くなりますが、スッとはけている自分の姿をイメージすると、モチベーションが戻ります。

 

スタイルがよくなることことだけが、自分磨きと思っていません。
努力して結果が出せたら、達成感を味わうことができ、自分に自信をもつことができると思うんです

 

「太いからはけない」と、体型にコンプレックスを抱いていると、心の贅肉も取ることができません。
コンプレックスを取り除いてあげられるのは、自分自身です。

 

自分が自分を応援し励まし支えてあげれば、苦しいダイエットも成功し、実を結ぶと信じています。

 

理想の姿になれたあかつきには、自分の目に映る世界が素敵なものだと、感じることでしょう。

外見だけではなく内面から美しくなるために


【自分磨き】誰しもが抱える一生のテーマですね。
自分を磨くことで自身がつく、周りから認められる、存在意義が生まれる、など自分磨きによって得られるテーマは様々だと思います。

 

私が自分磨きのために1番意識していること、それは【外見だけではなく内面から磨くこと】です。
外見ばかりを気にして、メイクや服装、持ち物などひたすらお金をかけて自分を磨いていた時期がありました。

 

いや、自分磨きを勘違いしていた時期がありました。
周りからかわいく思われたい!そのことしか考えていなかったのです。

 

外見ばかり気にしていた頃の私の性格はすごく尖っていました。
あの子よりも良いもの持っている。あの子の方が細くて良いスタイルだけど貧乏人だ。あの子はブスだ。など人を見てはけなしていました。
そんな考えで友達を傷つけたことがありました。

 

この経験から、私がしていた自分磨きはただの勘違いで周りからみたらただの見栄っ張り、お金持ちぶった性格の悪い性格ブス。
きっとそう思われていると思いました。

 

そこから、私は人にやさしく、人の良い面を見つけるよう意識しました。
今では、あの頃と別人のようにかわったね、優しくなった、笑顔がかわいくなった、など言ってもらえるようになりました。

 

私のモットーは【美しくなりたいならば外見ではなく内面から】です。
この気持ちは一生忘れないでいたいと思います。

言葉を美しく


自分磨きのひとつとして、【綺麗な言葉を口にする】これを私は意識しています。

 

私は少し田舎で22歳まで育ちました。ちょっとしたヤンキーがいるような田舎です。
その中に私もいたため、汚い言葉遣い、いきがったような尖った発言、思いやりのない雑な会話をしていました。

 

大人になり、内面、外見ともに磨きがかかり美しい女性と知り合いました。
見た目だけの努力ではなく、考え方や発する言葉すべてが美しかったのです。
ここで、私は今まで綺麗な言葉遣いをしていないと気づきました。

 

きっと、私がきづくよりも第一印象で、汚い言葉遣いをする人だなと思われてきたんだと気づきました。
そこから、相手を思いやり丁寧で綺麗な言葉を使うよう意識しました。
内面からも綺麗になれる気がしたから、相手に与える印象も変わってくる気がしたら、そんな単純な理由です。

 

自分磨きを意識すると、外見のことを考えてしまう人は多いのではないかと思います。
ですが、外見がキレイでも言葉遣いが綺麗でなければ本当に磨かれているとは思いません。

 

ちょっとした意識ではありますが、これからもこの意識を続けていこうと思います。

彼氏に振られたことがきっかけ


大好きだった彼にある日突然振られました。仕事以外は、全部彼と過ごしていたため、全てを失った気持ちになりました。1週間以上、なにがいけなかったのか、これからどうしようか、と考え続け、彼に依存し過ぎていたことに気が付きました。

 

それから、いつか、輝いている私を見て、彼が戻ってくればいいな!と思い、語学教室、料理教室、生け花、フラメンコ と週末に習い事を詰め込みました。最初は、自分磨き半分、そして、ぽっかり空いた時間に彼を思い出さないように、という気持ち半分でした。それを続けていたら、自分を磨いて新しいことを知ることに喜びを覚え、どんどん夢中になっていきました。その習い事での友達も増え、日々が楽しくなり、生き生きとしてきました。仕事の営業先でも、話題が増え、お客様との関係も良くなりました。

 

視野が広がり、昔の、彼に依存していた私はいなくなりました。きっと、あの時の彼は、彼以外何にもない私に物足りなさを覚えていたのかもしれません。ただ漫然と日々を過ごすのではなく、自分を磨き、向上していくことで、こんなにも世界は広がるんだと実感しました。

 

その後、変わった私と再会し、また交際を申し込まれました。
以前とは違い、彼との付き合いよりも、習い事中心になり、日々楽しいです。

隣に居てくれる主人が笑われないように・・・


私は結婚している主婦です。今の旦那と出会ったのはバイト先の店長の紹介でした。最初はメールでやり取りをしていて三日後くらいに初めて会いました。

 

その時の感想は、「イケメン」。わたし好みの超ドストライクのカレ。付き合えるようになったときは本当に幸せでした。ですが、こんなかっこいい彼と私が釣り合うはずがない…私と一緒に居たら彼が笑われてしまうんじゃなかろうかととても心配になりました。なのでそれから自分磨きを始めました。

 

まずは髪型。今までそんなに興味なくて、ただ伸ばしていただけだったんですが、私の髪は癖っ毛で剛毛。そして量が多いのでいつも結んでいました。それが嫌になったので、まずは縮毛をかけました。5時間くらいかかって髪の毛につやが出て、うねりもなおり、彼もとても喜んでくれました。

 

次は、エステ。友人にエステ関係の人がいてモニターになって週一でエステをしてもらいました。その他にも、化粧を毎日したりネイルをしてみたり、趣味であるギターを頑張ってみたり…その甲斐あってか、無事に結婚までたどり着くことができたので嬉しかったです。

毎日をきちんと丁寧に


アラフォーに近づくにつれて、つくづく、自分の時間を大切に、一日一日有意義に暮らしたいと考えるようになりました。
毎日、朝ごはんをちゃんと作って子供を送り出したあと、何か予定がある日はうきうきします。

 

最近になって、新しい習い事を2つはじめました。1つはヨガです。午前中ヨガでしっかり体をほぐして身も心もリラックス。週に2~3回を目標にして続ける事で、肩こりも随分楽になり、なんだか体つきがしなやかになった感じです。

 

2つ目はパン教室。一緒になった方とあれこれおしゃべりしながら柔らかいパンをこねるだけでもなんだか気持ちが癒されます。そして出来上がったパンをオーブンから出したときの、あのなんともいえない良いにおい!最後に出来上がったパンと、淹れたての珈琲を頂きながらのおしゃべりも、また幸せなひとときなのです。

 

1日の最後に、「今日はとっても楽しかったな。充実してたな」と思える日が増えるように、毎日いろんなことに情報のアンテナを張りながら、うきうきする気持ちを忘れないように過ごしていくことが自分磨きへの第1歩なのではないかと思います。

肌の保湿を欠かさない自分磨き


私は独身時代は美容にとても興味があり、エステに通ったり少し高い化粧品を使ってみたりと、自分磨きのためにと投資をしてきました。
結婚した今、家計のためにあまり美容費用はありませんが、出来る範囲でやるようにしています。

 

例えば毎日行っているフェイスパック。

 

肌に充分な保湿を与えるために、お風呂上がりで毛穴が一番開いている状態のときに行っています。
出来る限り毎日行いたいので、私は大容量で売られているパックを使うか、もしくは大容量の格安な化粧水をコットンに浸してパックをしていますよ。
保湿が目的なので安いもので充分ですし、毎日続けていることで肌荒れが圧倒的になくなりました。
肌色もワントーン明るくなりましたし、とてもオススメです。

 

あとは普段使っている化粧水をミニボトルに入れて日中も顔に吹きかけたりなど、やれる範囲でちょっと手を加えるだけで肌は良くなります。
マメにケアをしてあげると結果が出るので、自分磨きは楽しいんですよね。
肌の保湿をこれからもメインに頑張っていきたいです。

最近の投稿
カテゴリー
メタ情報